研修プログラム

当科入局者の声

植田 吉宣

2011年度 入局

私はいま医師4年目で、関連病院の大月市立中央病院で働いております。地域の中核病院の一医師として、消化器疾患から乳腺疾患・救急疾患の手術まで様々な手術をしており、いわゆる一般外科としての役割が大きいと思います。だからこそ、総合的な知識と技術を身につけることができ毎日が楽しく研修をしています。研修医の先生方と一緒に働けることを楽しみにしています。

鬼頭 由美

2011年度 入局

私は初期研修を京都の病院で終え、その後救急部に1年間所属していました。

その中で外科医を志すようになり、今年の四月から当科の新入局員として勤務しております。当科の一番の特色は第二外科という科の中に消化管・乳腺・小児外科と、外科医に必要な各分野のチームがあることです。それぞれのチームにsupecialityの高い先生方がおられ、私たちはまず最初の1年間で各チームを回ります。これは外科を勉強する上でとても恵まれた環境だと思います。また先生方の患者さんに対し真摯に取り組む姿勢が印象的で、精神面においても学ぶことは多いです。医局員は多いですが和気あいあいとした、他の外科にはない温かい雰囲気はここにはあります。今はすべてが勉強の毎日ですが、楽しく充実した毎日です。

神尾 英則

2012年度 入局

現在、外科レジデント1年目の神尾英則です。私は、宮崎大学を卒業後、大森赤十字病院で初期臨床研修を行いました。

女子医大病院・第二外科の特徴として、上部消化管外科・下部消化管外科・乳腺外科・小児外科の4チームからなっており、1年目は各チームを3カ月毎にローテートし、幅広い分野での症例を豊富に経験できることがあげられます。

また医局の雰囲気も、liberalで広く出身大学・男女を問わず受け入れていることもあり、門戸を叩きやすくなっており、実際に病棟や手術室においても分け隔たりなく熱い指導をしていただいています。

とはいえ百聞は一見にしかず、ぜひとも一度病院に見学に来られてみてはいかがでしょうか?皆さんが女子医大病院・第二外科で外科医としての一歩を踏み出し、共に充実した毎日を過ごせることを楽しみにしています。

安川 ちひろ

2011年度 入局

東京女子医大第二外科は、上部消化管、下部消化管、乳腺、小児と4つの班に分かれており、それぞれの専門医師の下で幅広い症例、手術について学ぶことができます。消化器の手術はもちろん、乳腺外科や小児外科など特定の分野に興味がある方も多くの症例に触れることができます。医局の雰囲気もとても明るく開放的であり、質問や相談などについてどの先生も丁寧に対応してくださいます。手術や検査手技についても、希望があれば研修医のうちから様々なことを経験することができました。また、女性医師の割合が多いことも特徴的であり、現在医局員の約半数は女性です。働く女性として先輩医師の生活を参考にしたり、悩みや疑問を相談することもでき、女性医師の研修の場所として、とても働きやすい環境であると思います。少しでも東京女子医大での研修に興味を持たれた方は、ぜひ見学に来てみてください。

谷 公孝

2011年度 入局

東京女子医科大学第二外科入局2年目の谷です。第二外科の特徴は消化器・乳腺・小児外科などジェネラルに患者さんをみることができるようになれることだと思います。分野が広い分、学ばなければならないことは一杯あります。しかし、日々外科医としての成長を実感できるとともに、自分が本当にやりたいことを見つけるための選択肢も十分あります。Generalな外科医を目指して一緒に頑張りませんか?

関 千寿花

2012年度 入局

こんにちは。この春に、第二外科に入局しました。

私は小児外科をやりたかったのですが、出身大学には先生が一人しかおらず、卒業時には認定施設にもなっていない状態だったので、新しいところを探すしかありませんでした。縁もゆかりもない新参者が、突然外科に入局宣言するのはかなり勇気のいることです。でも、ここ第二外科は、見学に来た時から本当に暖かく迎えてくれました。しかって育てるよりは、ほめて伸ばそう的な雰囲気です。私は自分に甘いので厳しさに欠けるかな、とも思いましたが、余計なストレスはないに越したことはありません。もちろん穏やかな雰囲気でも随所随所には厳しさやけじめがあって、チームとして仕事をする上で非常に働きやすい環境だと思います。是非一緒にここ第二外科で仕事をしませんか?新しい出会いを医局一同楽しみにしています。

見学を希望される方へ

第二外科では消化管疾患、乳腺疾患および小児外科疾患の手術に興味のある方(医師)に見学して頂くことができます。
詳細につきましてはお問い合わせ下さい。

ページの先頭へ